【文学】スウィフトの小説「ガリバー旅行記」に日本の御伽草子「御曹司島渡」「蓬莱山」が影響か。「小人の島」など共通点

1 :記憶たどり。 ★:2019/11/07(Thu) 16:44:48 ID:XW/CPe2e9.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-00000080-kyodonews-cul

英国の作家スウィフトの風刺小説「ガリバー旅行記」(1726年)と、日本の御伽草子「御曹司島渡」「蓬莱山」
との共通点を示す概説が、13日刊行の「日本古書通信」で発表される。具体的な作品を挙げて類似性を指摘する
発表は初めてで、御伽草子が影響を与えた可能性もあるという。慶応大の石川透教授(国文学)と原田範行教授
(英文学)が、異分野の研究成果を統合して新説を導いた。

石川教授によると、「御曹司島渡」は源義経が兵法書を求めてさまざまな島を訪れる物語。小人の島、巨人の島、
馬人の島は旅行記と共通する。「蓬莱山」の絵巻には、空中に浮かぶような島や宮殿が表現されている。

御伽草子「御曹司島渡」(個人蔵)に描かれた小人の島

2 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:46:23.27 ID:7vtjPmli0

うわぁ・・・・
まーたジャップのこじつけホルホルですかぁw

3 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:46:23.60 ID:5rePOCkd0

車を売るなら

4 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:46:42.32 ID:hWnKgG1Z0

バクリやがった!

5 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:47:29.02 ID:jb24qmrp0

 
 
 
 さらに物語は高麗壁画に遡るニダ 
 
 

 

6 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:48:30.88 ID:YRsX/dRM0

どこにでもあるだろ

7 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:49:26.29 ID:HSjtpNYV0

ガリバー最後は
ナンガサキに来てそこからイェドの皇帝のとこまで行くからな

8 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:49:46.43 ID:D2+7cYJc0

あらゆる世界の神話や物語に共通する原型があるみたいな話って
もう数十年前から言われてる話だと思うが
いまさらこんな共通集合探しで研究費貰って生活できるくらい
文学部ってアホしかいないからヌルいんだな

9 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:50:18.90 ID:vF/zQq6l0

まーたジャッポが起源主張してる

10 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:50:55.33 ID:n5Eu+iNO0

元々どっかにあったものから大なり小なり影響受けたもの同士ってだけだろ

11 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:51:00.33 ID:cZwlIawc0

  

  _ノ乙(、ン、)_チンギスハーンは義経だった!くらいの話でしょ…ロマンがありますねくらいで流しとけ

12 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:51:00.54 ID:yDYiox4T0

ラピュタだろ

13 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:51:01.45 ID:PBvlBJcl0

元々のおとぎ話が
20万年前にアフリカを出た人類が、昼間は旅をして、
夜は火を囲んで食事をしながら老人が寝付きの悪い子供たちに語って聞かせたお話が基本なんだから

世界中のおとぎ話がみんな似通ってくるのはそのため

14 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:51:05.30 ID:XVvFJvB20

ガリバーって、観音崎が出てくるんだっけ

15 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:53:07.26 ID:iMdjSUwL0

まー慶応大だから

16 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:54:14.19 ID:nXheSf6o0

小人の国編しか知らない人は多い

17 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:54:26.54 ID:D2+7cYJc0

日本の民話がイギリスに伝わった
具体的な流通経路を文献学的に特定した、ならともかく
こんな研究、本来なら(他の学問のジャンルの批判能力が文学(失笑)の学会にあったら)
学部生レベルでも没だろ

18 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:54:28.52 ID:EYUZtPO50

類似性を指摘するのはまだしも
影響か、なんてやっちゃうやつは
みんな朝鮮人になっちゃうよー

19 :名無しさん@1周年:2019/11/07(Thu) 16:54:59 ID:FM6zMmo90

Aという未出の物語

→ガリバー

→蓬莱山

って可能性もあるからな

20 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:55:38.26 ID:PZO+D21N0

ガリバーの起源は、韓国ニダ。

21 :名無しさん@1周年:2019/11/07(Thu) 16:56:24 ID:n1OEUqVc0

シャルルダレの『朝鮮幽囚記』だろ。変な国で捕まって、女の子の手引きで脱出する筋書きがそのまんま。影響関係は既にしてきされているけど。

22 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:58:16.89 ID:n1OEUqVc0

オランダインド会社の船員が朝鮮で虜囚になった実際の事件、スペルウェール号事件が下敷きだな。

23 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:58:20.35 ID:fclVnSzp0

このガリバー旅行記って結構嫌な話も多いのよな

24 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:58:29.70 ID:AlqBRSyY0

興味深いな、細部が似てたら、スウィフトがなんらかの形で義経記を知っていた可能性が出てくる。
義経がモンゴルに渡る話はアイヌにも信仰されていた。蓬莱山、何年か前に中国を舞台にした
アニメでもあったな。あれの原作か。

25 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 16:59:12.84 ID:wMZDrC3P0

神々の指紋でもうやった

26 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 17:00:31.38 ID:BhWk+XBR0

日本シュゴイ!!!!

27 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 17:01:40.77 ID:WaNZaD/U0

天空の城ラピュタの影響だろ

28 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 17:03:52.64 ID:em3bEH1K0

スウィフトと言えば「貧乏人は貧乏人を喰え」だな
正に真理

29 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 17:04:47.98 ID:AlqBRSyY0

十二国だっけ

30 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 17:05:48.01 ID:XSiwWv4y0

起源ニダwwwwww誇らしいニダwwwwww
やめようよー

33 :名無しさん@1周年:2019/11/07(Thu) 17:11:05 ID:RKB/UTylO

ガリバー旅行記と日本は無関係
作者が日本の昔話を知ってるわけがない

35 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 17:11:52.74 ID:4+x3jFDA0

リカバリ

38 :名無しさん@1周年:2019/11/07(Thu) 17:20:22 ID:cTR3ys3c0

オルフェウスの物語はいざなぎ神話のパクリ

39 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 17:20:48.96 ID:RtTCeT4c0

>>8
おまえスウィフトがイギリスの神話時代の人物だと思ってるのか

43 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 17:22:56.61 ID:eid8zS9E0

そもそもガリバー旅行記は、日本も出てくるんだから
作者は明確に日本を知ってる

こじつけとはレベルが違う

44 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 17:23:19.75 ID:VqK+W0xQ0

日本のやつは中国の山海経の影響がありそう

45 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 17:23:33.59 ID:mpGCB9jl0

その当時に翻訳された物が出回ってたって事、ですかねぇ…?

49 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 17:27:41.83 ID:TGFLUdsz0

いやいや、物語の中でガリバーは日本にも行ってる

作者は当然、日本の本とかで下調べしてるんだから
影響あって当たり前

55 :名無しさん@1周年:2019/11/07(Thu) 17:43:04 ID:izZSNbnZ0

ガリバーの行った国

リリパット…小人の国
ブロブディンナグ…巨人の国
ラピュータ…天空の島
バルニバービ…ラピュータに搾取される地上の国
ラグナグ…魔法使いの国
グラブダブドリッブ…不死の国
日本…オランダ人が踏み絵をする国
フウイヌム…知的な馬フウイヌムと野蛮な人間ヤフーの国

日本を入れたのは、キリスト教徒のオランダ人が貿易のために踏み絵を受け入れていることを批判するためといわれてる

58 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 17:55:23.15 ID:AlqBRSyY0

wikiによると、ガリバー旅行記には、観音崎、長崎、江戸、将軍、踏み絵なども
出てくるみたいだから、少なくともスウィフトや当時の人たちは、ポルトガル人やオランダ人が
書いた日本風土紀行をけっこう読んでいたとわかる。其の中にアイヌの義経信仰、伝説を記した
ものがあったとしても不思議ではない。

59 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 17:57:51.73 ID:bhhysA7B0

>>3
ナゲット…じゃなくて
パレット?じゃなくて…

なんだっけ?

61 :名無しさん@1周年:2019/11/07(Thu) 18:03:20 ID:AlqBRSyY0

日本人はアイヌにほとんと興味をもたなかったが、西洋人は白人の古型ではないかと
アイヌに強い興味をもっていた。日本のアイヌ研究はそれに刺激された形。
アイヌの義経ジンギスカン伝説は、日本だけでなく、中国清朝、元朝にも伝わっていたし、
ロシアにはアイヌはいたから、ロシア経由で伝わったという可能性もある。
かなり題材が似ているから、偶然とはいいにくいと思うね、細部が一致してたりすると、
決定的だが。日本も登場してるわけだし。

その慶応の先生たちがアイヌ伝説のことまで知ってるかどうかはわからないが。

62 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 18:04:48.40 ID:5XYvo8yi0

>>60
日本そのものが出てくるのに、なんでさらにモデルした国が出てくるんだよ

68 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 18:15:36.33 ID:qXlSlquj0

ガリバーは義経だった!

71 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 18:18:49.22 ID:D2+7cYJc0

>>56 
だからそれを具体的に証明せずに
状況証拠だけ示せば研究と呼んで論文書けるような世界って
学問としてヌルい世界だなって言ってるわけ

81 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 19:26:39.51 ID:s8ZjraJp0

>>62
読んだ事ないんだろうよ

85 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 19:33:58.46 ID:s8ZjraJp0

>>71
いやー意味が分かんねぇw

91 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 20:12:29.33 ID:VMjJYOLe0

こちらはガリバー旅行記と和装兵衛の関係を論じた1879年の論文

Chamberlain, B.H. “Wasobyoe, the japanese Gulliver” Transaction of the Asiatic
Society of Japan, Vol. VII Part IV (1879)

和装兵衛とは
>談義本。4巻。遊谷子作。安永3年(1774)刊。長崎の商人四海屋荘兵衛が漂流し、不老不死国を
はじめ、女護?(にょご)?が島や大人国・小人国などを遍歴して日本へ帰るまでを描く。
同8年、沢井某作「和荘兵衛後編」4巻刊行。

95 :名無しさん@1周年:2019/11/07(Thu) 20:55:03 ID:qETGMeMN0

>>1

スウィフト ひでぇーー。。な

ラピュタまで ぱくってるやん

100 :名無しさん@1周年:2019/11/07(木) 21:54:48.61 ID:CQZs66Nr0

御曹司なんとかは別に一例にすぎないんだよ。
慶応の先生はそれしか知らないというだけ。

問題は、アイヌの伝説をスウィフトがどこからか知っていたか否かだ。
ケンペルの資料がそれを伝えていれば、御曹司なんてどうでもいいわけだ。

106件をまとめました。
最新情報はこちら